Googleカレンダーでは、季節を感じられないから。

Googleカレンダーでは季節を感じられない。だから、自分で作ることにしました。

Written BY

Reiko

京都に一人娘と二人で暮らしてます。Yoga teacher /Yoga Nidra therapist /Aromatherapist

All author's posts

March 20, 2021

毎年年末になると、いつも頭を悩ませる事として

翌年のカレンダー選び

があります。

前年と同じものを購入したり、手に入らなかったら違うものを探す。

しかし、今年は昨年と同じものが見当たらず

他にもこれだという物にも出会うことができず

とうとう2021年のカレンダーは購入できませんでした。

なぜそんなにカレンダーにこだわるかって

自分でもよくわかりませんでしたが

今回、頑張って言語化してみることにしました。

まず、カレンダーを購入するには条件があります。

  • 予定を書き込む前提ではないこと
  • 絵柄が美しく、壁に飾って違和感がないこと
  • 六曜、月齢(そして祝日も!)などの記載がないこと

それじゃあ、カレンダーの意味ないじゃないの?

って感じかもしれないのですが、私はそれで良いのです。

なぜなら、私はカレンダーを予定を確認するために使っていないからです。

予定は全てGoogleカレンダーに入れてあって
iPhoneでもパソコンでもすぐに確認できる。


カレンダーをふと見た時に
「ああ、今2月なんだっけな」
という季節を見てなんとなく年間の立ち位置を確認し

「あ、今日は28日か」
と日付を見て月の中での立ち位置を確認する。


そうすると、私は主に
「時間の中の立ち位置を把握する」
くらいの役割でカレンダーを使っていることになります。


これはとても不思議なんだけれど
Googleカレンダーでは季節を感じないけど
壁のカレンダーを見ると季節を感じるんですよね。

流れていく時間の中で自分はどこにいるのか
を把握するためにカレンダーがあって
予定の把握ではないのです。


だから、別にカレンダーがなくても
日々不自由なく過ごしていけるのだけれど
無いと、時間の流れを何も意識しないまま
時間がたらたらと過ぎていってしまっている気がします


特に私は昔から時間をはかる、とか予測することが苦手でして
「気がついたら○日になってた」とか
「○日までの距離をはかるのが難しくて」とか


そういうところがあるので予定はGoogleカレンダーでちゃんと見ているのですが、それはスケジュール確認のためにチェックしているので

「ああ、今このあたりに立っているのかぁ・・・」

という感覚は湧いてこないんですよね。


(この感覚、わかっていただけるだろうか・・)



そんなわけで、私は自分でカレンダーを作りたいと思ったわけです。


画像1


本当に、たかがカレンダーごときで
と言うお話ではあるのですが
「その月だけ楽しめる、月替わりのアート」
と思うとカレンダーを眺めるのも
ワクワクしませんか。

これまでも、これからも
「1ヶ月」という時間の単位は無数に繰り返されていくのに
「2021年2月にしか楽しめない画」
が目の前にあると思うと
ワクワクしませんか。



とは言え、私は毎年絵柄が気に入ってカレンダーを買うので
捨ててしまうと言うことをせず
とっておいて何かにリメイクしたりしています。

大体、ブックカバーなどに良いサイズ感だったりします

画像2

これはたしか2017年のカレンダーを切り取って
次の年の手帳のカバーにしたもの。


つい先日は、手を消毒するアルコールボトルが
唐突にリビングにあるのが違和感だったので
ボトルに昨年のカレンダーを巻いてみました

画像3
画像4

紙なので用途は限られますが
単純にそのまま絵の部分だけを飾っておいても可愛いものです。


というわけで、
部屋に飾っておいて違和感なく
季節を感じるための
カレンダーとしてだけではない楽しみ方のできる

そんなカレンダー、作りたいなと思っています。
ずいぶん自分でハードルをあげてしまいましたが。


そのうち、このサイトでご紹介できたらと思ってます。

featured items
No items found.
Further Reading
近況報告と、これからのRoom Euphoria
最近訪れたいろんな場所と、人生を楽しもうよ、という話。
October 15, 2021
真夏の奈良公園とウィリアム・モリス展
今年の夏の愉しみ。
August 26, 2021